ヒゲナビ

全国のヒゲ脱毛クリニック&サロン情報を網羅

サイトの管理人3人組、「K.O」「J.K」「T.M」のヒゲ脱毛レポートも公開!
ひげで悩む男性必見のコンテンツを集めたサイトです。

最終更新日:

ヒゲ脱毛の4つの種類と方法

ヒゲ脱毛におけるおもな施術方法を紹介していきます。

多い?少ない?ヒゲ脱毛の種類

ヒゲ脱毛を受けられる施設には、おもにクリニックとエステがあり、それぞれにできる施術の違いがあります。

クリニックや美容外科・皮膚科などの場合は、医療機関でしか扱えない高度な機器が使用可能なため、より強力な脱毛処置が可能です。

その代表格といえるのが、「医療レーザー脱毛」。

単に医療レーザー脱毛とひと括りにいわれる場合も多いですが、大きく「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「ロングパルスヤグレーザー」の3つに分けられます。

細かい解説は割愛しますが、それぞれレーザーの波長や痛みの度合が違うといった特徴があるので、施術部位によって使い分けられたりもします。

一方のエステ系での脱毛は、「ニードル脱毛」と「フラッシュ・光脱毛」がメイン。

前者は大手エステサロン、後者は中小のエステサロンで取り入れられているケースが多いようです。

ニードル脱毛は、いわゆる「針脱毛」で1本1本の毛に対して施術します。フラッシュ脱毛や光脱毛(そのほか、エステによってルニクス脱毛、IPL脱毛など呼び名はさまざま)は、医療レーザーよりも出力の弱い機器を使った施術です。

医療レーザーやニードルなど、これらの施術の違いは「効果」と「通院期間」「痛み」で分けることができます。

もっと細かく各ヒゲ脱毛の施術法を見比べていきましょう。

おすすめのヒゲ脱毛の種類を探す!

様々あるヒゲ脱毛法のうち、中心はやはりレーザー脱毛(クリニック)と光脱毛(エステ)。レーザー脱毛はクリニック(医療機関)でしか受けられない脱毛で、効果は永久的です。光脱毛はエステでの主要なヒゲ脱毛法で、抑毛効果があります。この2つの方法を軸に、他のヒゲ脱毛法も比較しながら解説します。

レーザー脱毛
(クリニック)
光脱毛
(エステサロン)
ニードル脱毛
(エステサロン)
脱毛クリーム
施術可能な施設
医療機関 エステサロン 医療機関
エステサロン
自宅
脱毛効果
○
高い
△
普通
○
高い
除毛系:○高い
抑毛系:△弱い
脱毛時の痛み
△
少し痛い(冷却装置や麻酔で軽減可能)
△
少し痛い
×
とても痛い
○
痛くない
レーザー脱毛
(クリニック)
光脱毛
(エステサロン)
ニードル脱毛
(エステサロン)
脱毛クリーム
恒久性
○
あり(永久脱毛)
×
ほぼなし(抑毛・減毛効果はあり)
△
(クリニックの場合のみ永久)
×
なし
脱毛が終わるまでの期間(目安)
1年 2年 1年(デザイン脱毛の場合) 除毛系:1日
抑毛系:1ヶ月~
施術時間(1回あたり)
15分 5分 2時間 数分
レーザー脱毛
(クリニック)
光脱毛
(エステサロン)
ニードル脱毛
(エステサロン)
脱毛クリーム
施術前の準備
日焼け予防
剃毛
日焼け予防
剃毛
毛を伸ばしておく パッチテスト
換気
施術後のケア
保湿 保湿 冷却 保湿
脱毛費用
10~20万円 5~10万円 10~50万円 1千~1万円

ヒゲ脱毛の種類を徹底リサーチ!
種類別のヒゲ脱毛の特長

レーザー脱毛(クリニック)

医療レーザー脱毛とは、医師のいる医療機関のみでしか行えない脱毛施術で、毛周期に合わせて特殊なレーザーを繰り返し照射することで、ほぼ永久脱毛の効果を得ることができます。痛みをともなう脱毛法ですが、医療機関ですので、希望すれば麻酔を使用してもらうこともできます。また、万が一の肌トラブルがあった際にも、迅速に適切な治療を受けられるというメリットがあります。もっともヒゲ脱毛を確実に、かつ効率的に行える方法となります。

光脱毛(エステサロン)

フラッシュ脱毛(光脱毛)とは、エステサロンで行なわれている主要な脱毛法で、毛周期に合わせて特殊なフラッシュ(光)を繰り返し照射することで、抑毛・減毛の効果が期待できます。永久脱毛はできません。照射の繰り返し回数は、医療レーザー脱毛の2倍程度で、通院頻度は医療レーザー脱毛と同じ1ヶ月に1回程度になります。多少の痛みはありますが、医療レーザー脱毛よりははるかに痛くありません。

ニードル脱毛(エステサロン)

ニードル脱毛とは、毛穴にニードル(針)を挿して電気を流して脱毛する方法。現存の脱毛法の中でも、もっとも高い脱毛効果に期待ができますが、1本1本の毛根に施術を行なうため、脱毛範囲によっては膨大な時間がかかる上、激しい痛みを伴います。ヒゲの場合は、デザイン髭を作る場合に一部だけに施術が行われる例がほとんどですが、極度の青ヒゲを解消する場合には広範囲に利用されることもあります。

脱毛クリーム

脱毛クリームには、ヒゲを一時的になくす「除毛系」と、長期間の使用によって徐々に薄くする「抑毛系」の二種類があります。除毛系はあくまで一時的な効果となり、カミソリでの処理と同じようにすぐに生えてきます。ただし、カミソリよりも深い部分から除毛されるため、一時的な青ヒゲの解消効果などには期待が持てます。一方、抑毛系の効果には個人差が大きくあり、場合によってはまったく効果が確認できないといった例もあります。

ヒゲ脱毛3本勝負