サイトの管理人3人組、「K.O」「J.K」「T.M」のヒゲ脱毛レポートも公開!
ひげで悩む男性必見のコンテンツを集めたサイトです。

サイトマップ

ヒゲの構造

「ヒゲってどういうメカニズムで生えてくるの?」と疑問にお思いの諸氏のために、他称・ヒゲプロフェッサーの異名を持つ私、J.Kが、ヒゲの構造について解説しましょう。

ひげ脱毛の前に知っておくべきヒゲの仕組み

「彼を知り、己を知れば、百戦殆(あや)うからず」

とは、かの兵法家・孫武の言葉。

要するに、屈強なヒゲに打ち勝つには、まずは敵を知ることが大切ということ。ヒゲは体毛のなかでもとくに剛直なだけに、ほかの部位の毛とは違う構造のように思われがちだが、実は基本的には同じ仕組みでできている。

肌には毛孔といわれるヒゲの生える穴があり、その奥深くに埋没しているのが毛根。毛根の一番先の丸っころくなっている部分が毛球。いわば、こいつらがヒゲの精鋭たちを生み、すくすくと育てあげる心臓部だ。毛球のなかを見てみると、毛乳頭といわれる部分があり、ここにヒゲ生成に必要な養分が運び込まれる。養分は、ここからヒゲを生み出す細胞である毛母細胞に送られ、ヒゲたちが生み出されていく。

生み出されたヒゲは、雨後のタケノコのように肌の外にニョキニョキ伸びだす。この肌の外に露出した部分が毛幹。イタチごっこのように毎日ジョリジョリ剃られているのは、毛幹にすぎない。ただ、これだけでは、ヒゲはゴワゴワと立派に直立はしない。ヒゲをヒゲたらしめているのは、毛根のまわりにある立毛筋といわれる筋肉。この筋肉がサボらずしっかりとはたらいてしまうために、ヒゲは「だらん」と垂れることなく、まっすぐに伸びさかってしまうのである。

ああ、迷惑な立毛筋。

ひげ脱毛の前に知っておくべきヒゲの仕組み

ちなみに、ヒゲをよくよくチェックしてみると、男臭い漆黒のヒゲ畑のなかに、たま~に柔和な薄茶色っぽいヒゲが、色っぽく生えていたりする。毛というものは、生まれたてのときは元々白い色をしている。これが肌の外に露出するときに、メラニン色素のはたらきで黒くなってしまうのだそう。

なかには、メラニン色素のはたらきがうまくいかないときもあるようで、そのときに黒くならないヒゲが出てくる。これは、ヒゲだけに限らず、毛髪などにも見られる現象なので、とくに心配する必要はないようだ。

ヒゲ脱毛に関する豆知識を解説!
ヒゲ脱毛の雑学辞典

ページ一覧

カテゴリー