サイトの管理人3人組、「K.O」「J.K」「T.M」のヒゲ脱毛レポートも公開!
ひげで悩む男性必見のコンテンツを集めたサイトです。

サイトマップ
最終更新日:

ヒゲ脱毛クリームって効くの?

ドラッグストアでも気軽に購入できる「脱毛クリーム」。しかし、一体どの程度の効果があるのでしょうか? 使い方や注意点、顔にも使用可能なのかなど、気になる点についてまとめました。

自宅で手軽にツルツル肌!「脱毛クリーム」って?

脱毛クリームと一口に言っても様々な商品が販売されていますが、一般的には「毛の主成分であるタンパク質を溶かし、毛を除去する」効果があります。

除毛とは

除毛とは、おもに、除毛クリームを使ってムダ毛(体毛)の処理を行うことで、毛を毛根から無くしてしまう「脱毛」とは違います。 「除毛クリーム」と呼び方がややこしくて混同しがちな「脱毛クリーム」というものもありますがこれは実質的に「除毛クリーム」と同じ内容のものだと思ってください。(どちらも後述のように、毛を化学的に溶かして除去するものです)

レーザー脱毛と違い根本的な毛の悩みを解決することはできませんが、カミソリでの処理に比べると次の毛が生えて来るのが遅いため、カミソリではきちんと処理できているか不安な方や剃るのが面倒な方などにはおすすめです。ただし、後述のようにこれは腕や脚などの体毛向けであることがほとんどです。顔のヒゲの脱毛にはおすすめできません。

除毛、脱毛クリームでは永久脱毛はできない

これらのクリームを使う方法で、エステやクリニックで行うような永久脱毛級の脱毛を行うことは不可能だということもご理解ください。

除毛クリームを使うことで、ムダな毛を除くことは可能です。ツルツル、キレイになるということは嘘ではありません。しかし、結論から言いますと、市販されている除毛クリームでヒゲを無くす目的を果たすことはできません。この点について、ご説明をしていきましょう。

「脱毛クリーム」「除毛クリーム」は、顔のヒゲに使えるの?

除毛クリームには、「毛を溶かす」効果があります。毛を構成しているタンパク質を溶かす作用をもつ、アルカリ性のクリームがその正体です。これを肌に塗り続けることで、その部分に生えている毛を溶かし、除くのです。

しかし、顔は肌のなかでも敏感な部分ですから、脚や腕用の除毛クリームは使うことができません。 毛を溶かすということは、毛を構成するタンパク質を分解する成分を含んでいるわけですが、この成分は肌のタンパク質にも作用します。 脚や腕の肌ならまだしも、顔部分の肌に使用すると、赤くなったりカユミを生じさせたり、ひどい肌荒れを起こすこととなってしまうからです。

実は「ヒゲ」の脱毛には使えない製品が多い

脱毛クリームには様々な種類がありますが、メンズ用の脱毛クリームでも、ヒゲ脱毛は禁止となっている製品がほとんどです。 前述した通り太くて硬い毛は脱毛クリームだと満足な効果が得られないことが多いですが、特に男性のヒゲは太くて硬い傾向がありますから、肌トラブル等を考えると使用が難しいのでしょうね。

中にはヒゲに使える(明確に禁止とは書かれていない)脱毛クリームも存在するようですから、どうしてもという方は説明書きをしっかり読んで、目や口に入らないよう注意する必要があります。

ヒゲ脱毛の場合は「抑毛ローション」を使用するのがおすすめ

ヒゲ脱毛の場合は、脱毛(除毛)クリームよりも「抑毛ローション」の方が安全ですし、おすすめだと言えるでしょう。 これは毛を抜くのではなく「生えて来るのを防ぐ」ローションで、効果の高いものなら青ヒゲまでスッキリ解消できると評判です。

抑毛クリーム・ローションとは

抑毛効果のある脱毛クリームやローションは、毛の成長を遅らせる効果があります。毛がまったく生えてこなくなるのではなく、使い続けるうちに毛を細く・薄くさせ目立たなくさせることが目的です。

こういった抑毛クリームには、徐々に毛を弱らせる成分であるイソフラボンやパイナップルなどが配合されています。大豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンと似た作用がありムダ毛の成長を抑制する作用があります。また、パイナップルに含まれるブロメライン酵素は、タンパク質を分解する働きがあるため、ムダ毛をやわらかくし発毛力を弱めるのです。

除毛クリームのような即効性はなく、最低2週間以上使い続ける必要があります。コツコツ使い続けることで、毛の質が変化していくのです。

ただ、効果には個人差があるので、体質によっては使い続けても効果を実感できない方もいます。

抑毛クリーム・ローションのメリット

  • 痛みがない
  • 肌トラブルが少ない
  • 美肌成分が含まれている商品が多い

デメリット

  • 最低2週間は続ける必要がある
  • 使用し続けても効果を実感できない方もいる

脱毛クリーム、抑毛クリーム・ローションについての
まとめと注意点

脱毛クリーム、抑毛クリーム・ローションについて書いてきましたが、覚えておいてもらいたいのは以下の3点です。

  • 脱毛クリームには、顔に使用できないクリームが多いため確認する
  • 除毛クリームなのか、抑毛クリームなのか確認して購入する
  • 男性のヒゲに効果のない商品も多いので、効果のある商品なのか確認する

脱毛クリームをどうしてもヒゲに使いたいという方へ

上記の通り、ヒゲに対して脱毛、除毛クリームの使用はおすすめできません。ただ、どうしてもという方は以下を読んでください。ただし、注意していただきたいのは、ヒゲでなく、腕や足の脱毛クリームの情報でありますので、使用については自己責任でお願いいたします。

一般的には腕や脚に使う!脱毛クリームの使い方

脱毛クリームの使い方は商品ごとに違う部分もありますが、大抵は「クリームを脱毛したい部分に塗り込んで、しばらく時間が経ってから落とす」という方法になります。 使用できる箇所は商品の裏に書いてあるはずですが、一般的には脚や腕、脇などに使われますね。

まずは、パッチテストで肌荒れチェック

脱毛クリームは塗ったまましばらく放置することになるので、万が一のトラブルがあった場合は被害を最小限に抑えたいですよね。 そのため、アルコールやヘアカラーなどと同じように「パッチテスト」をしておいた方が安心です。二の腕に10円玉ほどの大きさで脱毛クリームを塗り、10分ほど置いて異常がないかどうか確かめましょう。

入浴後に使うのがおすすめ!無理なら蒸しタオルで肌を温めておく

脱毛クリームを使用する前には、肌を温めて毛穴を開いておく方が高い効果を得られます。出来る限り清潔にしたほうが肌トラブルの不安が少ないので、本来は入浴後がおすすめ。 どうしても無理なら蒸しタオルでしばらく脱毛する箇所を温めて、肌をリラックスさせておいてください。

塗った後はラップを巻くと浸透力が上がる

脱毛クリームを優しく気になる箇所に塗ったら、ラップでぐるりと巻くのがおすすめです。 その方がクリームが浸透しやすく、短時間でより高い効果が得られると言われています。

使用後はしっかり落として

一定時間置いたら、脱毛クリームをしっかりと流します。万が一満足な効果が得られていなくても、直後に再び塗り直すのはやめた方が良いでしょう。 肌への影響を考えると2日~3日程度時間を空けるのがおすすめです。

メリット① ムダ毛を簡単キレイに処理できる

除毛クリームで、ヒゲでなく、体毛を除毛する場合のメリットは、なんといっても「あっさり」と体毛処理ができる点です。タオルやヘラ、処理後のお手入れなどで、準備と時間が多少かかりますが、「へえーっ!」って感じで、除毛が完了します。

クリームのメーカーごとに異なりますが、除毛クリームを塗って放置する時間はだいたい10分程度。たった10分で約1週間のムダ毛処理から解放されると思えば、らくちんですね。 タオルを用意しておいて、除毛クリームを部位に塗って、そして数分放置。あとは水やぬるま湯などで流してオワリです。

メリット② カミソリ負けをせずに体毛処理

肌の弱い人にとって、体毛の処理でカミソリを使うことは避けたいことのひとつです。カミソリ負けして肌がぼろぼろになったり、痛いのはツライですからね。 高いカミソリを購入しても、剃り終えて肌が真っ赤になる、血が出る、などという状況は避けたいもの。

その点、クリームを塗って、毛を溶かすことでムダ毛処理ができる除毛クリームは、カミソリよりはるかに肌への負担が少なくてすみます。 肌を物理的に傷つけることなく、ムダ毛のない、きれいなボディを手に入れるには、除毛クリームは役立ちます。 ただし、化学的に肌に合うかどうかは、人の体質によって異なります。自分の肌に合うか合わないか、使用前にパッチテストは忘れずに行いましょう。

デメリット① そうはいっても面倒くさい

除毛自体は10分程度で済みますが、やはりしょっちゅう除毛を行うのは少々面倒くさい。そう思える場合が多々あります。 除毛はいかんせん、いま肌の上に生えている毛を溶かすだけなので、肌の下の毛根からはまた、同じような毛が生えてきます。生えてきたら、またそれを処理しなくてはいけない、というのが面倒のもとです。 市販の除毛クリームでは「永久脱毛」は到底できるものではありません。 さらに、冒頭でも説明した通り、除毛クリームが使えるのは、顔以外の体毛・ムダ毛のみです。ヒゲの処理には使えません。

デメリット② 除毛クリームで体毛が濃くなる?

除毛すると体毛がさらに濃くなるという声も聞かれます。しかし、これは「濃くなるように感じる」が正解。 除毛してキレイになるので、次に生えてくる毛を濃く感じるとか、生えてくる周期を面倒に感じるとか、そういったことのようです。

ただ、「濃くなるように感じられる」人は多いのも事実。除毛をし始めたことがきっかけで、ムダ毛がかえって重荷になってしまう、という場合があるのも否めません。 また、除毛クリームには独特のニオイも多少あるので、苦手な人はどんどん苦手になってしまう、という場合も。

デメリット③ 除毛のコストがけっこうかかる

カミソリなら、1度買ったらそれを使い続けます。安いカミソリを早めの周期で使い捨てていく人もいるでしょう。 しかし、除毛クリームは、クリームを買い続けないといけません。はじめは感動するのですが、けっこう買い続ける周期は早く感じてしまいます。 コスト面でけっこう挫折してしまうという場合も無いとは言えません。

ヒゲの悩みに確実なのは、やっぱり「レーザー脱毛」!

いかがでしょうか?脱毛クリームは自宅で手軽に脱毛できるという点、カミソリより仕上がりが美しいという点などは魅力的ですが、顔の産毛やヒゲなどには使用できないことが多いのですね。

ヒゲが気になる方はもちろん、体毛に関しても確実な効果を得たい方にはやはり「医療レーザー脱毛」がおすすめだと言えます。 確かに費用はかかりますが、これからもカミソリやシェーバー、脱毛クリームなどを購入していくと考えればリーズナブルな場合もありますし、医療機関で受けられるので安心できる点も大きな魅力です。 ヒゲの悩みを本気で解決したいと思われるなら、ぜひお近くのクリニックへの来院を検討してみてください。

カテゴリー