サイトの管理人3人組、「K.O」「J.K」「T.M」のヒゲ脱毛レポートも公開!
ひげで悩む男性必見のコンテンツを集めたサイトです。

サイトマップ

ニードル脱毛(針脱毛)

ヒゲ脱毛の施術方法であるニードル脱毛(針脱毛)についてまとめました。

こだわりのヒゲ脱毛ならニードル(針)脱毛で!

近年、脱毛技術の発達により、光脱毛や医療レーザー脱毛は主流となってきています。しかし、それでもなお、確実な永久脱毛を望む方やヒゲのデザインにこだわる人たちにとって、ニードル(針)脱毛は、ヒゲ脱毛の選択肢のひとつとして消えることはありません。ここでは、エステでできるニードル脱毛(針脱毛)についてまとめてみました。

大きく分けて3つの特長がある
ニードル脱毛(針脱毛)の3大特長!

  • 1. 産毛、細い毛などもしっかりと脱毛できる

    医療レーザー脱毛や光脱毛などは、濃い毛に反応するといった特性上、産毛や細い毛の脱毛が難しい場合も。しかし、ニードル脱毛であれば、ニードルを挿し1本1本丁寧に脱毛を行なうため、毛質による効果の違いがありません。さらに一度脱毛をすれば、基本的にはその毛根からは毛が再生することもありません。

  • 2. 肌が黒くても施術可能

    医療レーザー脱毛や光脱毛は、肌の黒い部分(メラニン)に反応して機器が作動します。そのため、日焼けした肌や自黒の肌、ホクロやシミ、ソバカスなどがある部分に機器が誤作動を起こし、ヤケドなどの肌トラブルが生じるケースがあります。ニードル脱毛は、人の手で行なう脱毛ですので、肌の色や質を問わず脱毛できます。

  • 3. その場で毛が抜ける

    ニードル脱毛は手作業で1本1本毛を抜いていきます。そのため、毛がその場で確実になくなり、施術後は確実にヒゲが減ったという実感が得られます。一方、医療レーザー脱毛や光脱毛の場合は、その場で抜ける毛はほとんどなく、施術後に数日かけて少しずつ抜けていきます。その場では脱毛が成功したのかどうか分からず、場合によっては打ち漏れが生じてしまうケースもあります。

ニードル脱毛(針脱毛)の種類

ニードル脱毛は、使用する針の種類によって2種類に分けることができます。

絶縁針脱毛

クリニックや病院などの医療機関において行う針脱毛です。絶緑針という特殊な針を用いる脱毛法で、肌に触れる金属面を少なくした針を使います。絶緑部分は、必要以上に針が深く刺さらないよう、ストッパーの役割もあります。

ニードル脱毛

主にエステサロンで行われる、絶緑加工が施されていない針を使う脱毛法です。針の素材はチタンやゴールドなので、金属アレルギーのある人でも脱毛が可能です。

メリット デメリット
絶緑針脱毛
(医療機関)
・永久脱毛効果が高い
・日焼けした肌でも脱毛可能
・産毛や細い毛でも脱毛可能
・ヒゲのデザインをしながら脱毛可能
・通常のニードル脱毛に比べて痛みも小さく、肌トラブルも少ない
・麻酔を使うことができる
・麻酔を使わないと痛い
・医療レーザー脱毛に比べて通院回数が多い
・医療レーザー脱毛に比べてトータルでかかる費用が高い
・ヒゲをある程度伸ばしてからでないと脱毛できない
ニードル脱毛
(エステサロン)
・永久脱毛効果が高い
・日焼けした肌でも脱毛可能
・産毛や細い毛でも脱毛可能
・ヒゲのデザインをしながら脱毛可能
・麻酔が使えないので常に痛い
・光脱毛に比べて通院回数が多い
・光脱毛に比べてトータルでかかる費用が高い
・ヒゲをある程度伸ばしてからでないと脱毛できない

ニードル脱毛(針脱毛)の流れ

クリニックでニードル脱毛(針脱毛)を受ける際の、一般的な流れを確認します。

1. カウンセリング
カウンセラーから、ニードル(針)脱毛の方法や施術で期待される効果、料金システム、毛の仕組み、来店ペースなどの説明を受けます。脱毛の希望部位や支払い方法など、気になる点を相談しましょう。
2. テスト脱毛
初回の予約日時に来店し、脱毛をスタート。ニードル脱毛の場合は、施術者の目で脱毛する毛を選ぶことになるので、事前にある程度まで毛を伸ばしておく必要があります。
3. 脱毛開始
まずはカウンセリングの予約を入れます。どの部位をどのように脱毛したいのかを相談するとともに、カウンセラーからは施術方法やリスクの説明、また料金説明などが行われます。
4. アフターカウンセリング
毎施術後や脱毛コース終了後は、いつでも不安や疑問に思うことをスタッフに尋ねましょう。どんなサロンでも親切に答えてくれます。

ニードル脱毛(針脱毛)の「よくある質問」

痛みはありますか?
あります。
ニードル、つまり針を毛穴に挿して脱毛処理を行なう方法となるため、イメージ通りの痛みがあります。クリニックで行なうニードル脱毛(絶緑針脱毛)の場合は、麻酔を使用すれば痛みを軽減できます。
何回くらいで脱毛できますか?
一般的には5~6回の施術で実感できます。
ただし、ヒゲが濃かったり広範囲におよぶ場合、かなり多くの回数が必要となる場合もあります。カウンセリングで希望を伝え、回数の目安を確認しましょう。
肌荒れ・敏感肌でも大丈夫ですか?
基本的には大丈夫です。
著しい肌荒れ、著しい敏感肌については、事前に相談しましょう。カウンセリング結果やテスト脱毛で問題がなければ脱毛はできます。
日焼けしていてもヒゲ脱毛をできますか?
できます。
ニードル(針)脱毛は、医療レーザー脱毛や光脱毛と違って、手作業による脱毛になります。よって、日焼け肌やシミなど、メラニンの量は脱毛には関係ありません。
カテゴリー