サイトの管理人3人組、「K.O」「J.K」「T.M」のヒゲ脱毛レポートも公開!
ひげで悩む男性必見のコンテンツを集めたサイトです。

サイトマップ
全国のおすすめヒゲ脱毛クリニック&サロン情報 > ひげ脱毛Q&A > レーザー脱毛をしたときの副作用ってあるの?

レーザー脱毛をしたときの副作用ってあるの?

ヒゲをレーザー脱毛する場合、高出力の機器で行われるということで気になるのが「副作用」。
どんなことが起こる可能性があるのか不安に思っている人のために、レーザー脱毛の副作用や対策などについてまとめてみました。

医療レーザー脱毛のリスクや、副作用はある?

サロンで行われている光脱毛よりも高出力の機器によって行われる「医療レーザー脱毛」。
一般的には強力な分効果が出るのが早く、永久脱毛も可能であるということから非常に人気が高いヒゲ脱毛の方法ですね。

しかし、医療レーザー脱毛にもいくつか注意点があります。そのうちのひとつが「副作用が出る危険性がある」というもの。
もちろん医師や看護師の指示に従って施術を受ければ確率は非常に低いですが、リスクがまったく無いとは言えないのが正直なところです。
では、医療レーザー脱毛における副作用には一体どのようなものが考えられるのでしょうか?一つずつご紹介していきましょう!

その① ヤケドや「泥棒ヒゲ」などのトラブル

最初にご紹介するレーザー脱毛の副作用は「ヤケドや肌荒れなどのトラブル」。

高出力のレーザーを照射するため、ヤケドの危険性がある
レーザー脱毛の副作用として代表的なものが「ヤケド」です。高出力のレーザーを照射して脱毛を行うわけですから、可能性はゼロとは言えません。
特に脱毛で使用されるレーザーはメラニン色素に反応しやすいため、肌の色が黒い方は毛穴以外にも刺激が与えられ、ヤケドをする危険性が比較的高いと言われています。もし施術後に水膨れができた場合は、すぐクリニックに相談しましょう。

【副作用の予防策】
  • 施術前は日焼けしないよう注意する
  • 施術後は日常的にしっかり保湿する
  • 最新のレーザー機器を使用しているクリニックを選ぶ
翌日のヒゲが何か濃い!?「泥棒ヒゲ」のリスクも

また、ヤケドや赤みとは異なりますが、気になりやすい副作用としては「泥棒ヒゲ」も挙げられます。
これは口の周りがグルッと薄黒く見える状態で、マンガによく登場する“ほおっかむりをした古典的なドロボー”の見た目に由来した呼び名です。
元々ヒゲが太い方に起こりがちな副作用で、レーザー脱毛によって施術したヒゲが抜け落ちることなく焼け残り、一時的に濃く見えるという現象です。
これは肌の異常ではないため、暫くしてヒゲがポロポロと抜ければ改善されますが、外見的にはちょっと気になりますよね。

【副作用の予防策】
  • 可能な場合は、レーザーの出力を弱めにしてもらう
異常ではないことも多い?「肌の赤み」が出ることも

レーザー脱毛を受けた直後、ヒゲの辺りが赤くなり、炎症のようになることもあります。
これは副作用というよりは、泥棒ヒゲと同じくレーザー脱毛ではありがちな症状なので、暫くすれば改善されることが多いです。
ただし、暫くしてもヒリヒリして収まらないようであれば軽度のヤケドである危険性もありますので、クリニックに相談した方が良いでしょう。

その② ニキビができやすくなる

レーザー脱毛の副作用としては、肌荒れが起こりやすくなるというものも挙げられます。
顔の皮膚は身体の他の部分よりデリケートなため、肌に刺激を与えすぎると肌荒れの原因になりますし、施術後は肌が乾燥しがちなのでニキビができやすくなってしまうのですね。
特にヒゲは濃くて太い毛が密集している部位なので、レーザー脱毛による影響が比較的大きいようです。
ただし、施術が完了すれば毛がなくなって雑菌が溜まりにくくなり、逆にニキビができにくくなるということもありますので、個人差があると言えるでしょう。

【副作用の予防策】
  • 施術後も化粧水やローションなどで保湿を心がける
ただのニキビじゃない!?それって「毛嚢炎(もうのうえん)」かも

レーザー脱毛には、副作用として「毛嚢炎」を起こすリスクもあります。
毛嚢炎とは毛穴の奥に細菌が入って起こる炎症のことで、膿が溜まったような白ニキビがポツポツとできるのが特徴です。
これもすぐにクリニックに相談した方が安心ですが、暫くすれば収まるのが一般的。市販の軟膏を塗って一時的に様子を見るのも良いでしょう。

【副作用の予防策】
  • 化粧水やローションでしっかり保湿する(エタノール入りのものがおすすめ)
  • ストレスや疲労を出来る限り溜めない
  • ヒゲが蒸れないよう、マスクは控える
  • 丁寧に洗顔を行い、施術した箇所を清潔に保つ

その③ 永久脱毛したはずなのに生えてきた!?

続いてご紹介するのは「レーザー脱毛したはずなのにまたヒゲが生えてきた」というもの。
永久脱毛って言われてたのに、生えて来るってどういうこと?副作用?と不安になってしまいますよね。

再び毛が生えて来るのは副作用ではない

残念ながら、永久脱毛したはずの部位から再び毛が生えて来るのは副作用とは言えません。
永久脱毛は「永久」と名が付いてはいますが、定義では「最後に施術した日から1ヶ月後、毛の再生率が20%以下である」こととされています。つまりレーザー脱毛は、絶対に一生ヒゲが生えてこない施術ではないのですね。

ただし、一般的には数年間は産毛すら生えてこない!という方が多いですし、永久脱毛に近いのは確かですから、どうせ生えて来るなら意味ないし…と悲観せずぜひトライしていただけたらと思います。

レーザー脱毛と並んで永久脱毛可能!「ニードル脱毛」ってどう?

医療レーザー脱毛と同じように「永久脱毛」が可能なヒゲ脱毛として「ニードル脱毛」も挙げられます。
ニードル脱毛は毛穴の1本1本に針を通し、直接電流や高周波を流して脱毛を行うものです。レーザー脱毛以上に痛みは伴いますが、非常に効果が高く再び毛が生えるリスクが少ないと言われています。

しかし、ニードル脱毛にも副作用の危険が!

もしかして、ニードル脱毛なら医療レーザー脱毛と違って副作用の心配がない?と思う方もいるでしょうが、ニードル脱毛にも残念ながら副作用のリスクが存在します。

副作用は主に「ヤケド」や「炎症」

ニードル脱毛の副作用は、主に針から流された電流によるヤケドや炎症などです。
クリニックで行われる「絶縁針脱毛」の場合では、毛の成長を促す細胞(毛乳頭)を破壊するはたらきがありますが、細胞内で内出血が起こり、そのまま炎症に繋がってしまうこともあります。
放置すると大事になりかねませんので、肌に異常が現れたらすぐに施術を受けたクリニックに連絡し、相談するようにしましょう。

【副作用の予防策】
  • 施術後、ヒゲ脱毛した箇所を冷やす
  • ヒゲ脱毛した箇所は清潔に保ち、あまり触らないようにする
  • 化粧水やローションなどで保湿を心がける

何かあれば早めに相談!医療レーザー脱毛でヒゲをスッキリさせよう

いかがでしょうか?ヒゲをコンプレックスに感じている方にとってレーザー脱毛やニードル脱毛は魅力的なものですが、場合によっては恐ろしい副作用を引き起こすこともあるのですね。

ただし、深刻な副作用はそうそう起こるものではありません。今回ご紹介したように、軽いヤケドや毛嚢炎、炎症などは必ず改善できます。
クリニックでのレーザー脱毛は医師や看護師の説明をきちんと聞いて、清潔に保ったり保湿したりといった基本的なアフターケアを怠らなければきっと大丈夫です。

万が一のことがあってもすぐに薬や処置などで対応して貰えますから安心ですよね。施術前、施術後に少しでも不安があれば、ぜひスタッフさんに尋ねてみてください。

ヒゲ脱毛に関する悩みをすべて解決!
ヒゲ脱毛Q&A

質問一覧

カテゴリー