サイトの管理人3人組、「K.O」「J.K」「T.M」のヒゲ脱毛レポートも公開!
ひげで悩む男性必見のコンテンツを集めたサイトです。

サイトマップ

ヒゲ脱毛で考えられる副作用は?

クリニックでヒゲ脱毛を行なった際の副作用について見てみましょう。

主に5つの副作用やリスクがあります

クリニックのレーザーによるヒゲ脱毛を行なった場合、次の5つの副作用が考えられます。

ヤケド

医療レーザーは、毛根を熱で焼くという施術となるため、ヤケドを起こしてしまう可能性があります。脱毛器は毛根の黒い部分を自動判断してレーザーを照射しますが、その精度は完璧ではありません。毛根と見誤って、日焼けした肌やホクロ、シミなどの黒いものすべてにレーザーを照射してしまうことも。結果、なんでもない肌がヤケドを負う危険性があります。

毛嚢炎(もうのうえん)

ニキビより小さな、赤いツブツブが出る症状のことを毛嚢炎とよびます。レーザーを照射されてから数日間は、肌のバリア機能が弱くなります。つまり、細菌が侵入しやすい状態となり、そこにブドウ球菌が入り込むことで炎症が引き起こされます。放置していれば数日で消えることがほとんどですが、まれに色素沈着などを起こすこともあるため、軟膏や飲み薬などで治療をすることが望まれます。

硬毛化・増毛化

レーザーを照射した部分が、脱毛どころか逆に毛が濃くなってしまう症状になります。ビックリですね。原因は不明で、対処としては再施術となります。幸いなことに、毛が濃ければ濃いほどレーザーの効き目があるので、硬毛化・増毛化を起こした毛は、脱毛しやすいと言われます。

再施術に料金がかかるクリニックもあれば、無料アフターケアの一貫としているクリニックもあります。硬毛化・増毛化してしまうケースは珍しくないため、かならずカウンセリング時に確認しましょう。

施術直後の赤み

レーザー脱毛を施術した直後に、ほぼすべての人に見られるのが「肌の赤み」です。毛根を対象としているとはいえ、肌に対して急な刺激を与えるため、当然の反応ともいえます。数日内には自然治癒しますので、あまり心配する必要はありません。

打ちもれ

レーザーの照射もれによって、ふたたび一部から毛が生えてくる現象。機器の感度の問題もありますが、施術する医師や看護師などの技術力不足が原因となる場合も。硬毛化・増毛化と同様に、再施術が有料かなのか無料なのか、事前に確認しておきましょう。

以上は、ヒゲ脱毛のなかでも主たる副作用となります。カウンセリングを受ける際には必ずこれらの説明があるので、そのクリニックが信頼できるかどうかの判断基準として、最低でも上記の5つのリスク・副作用の説明があるかどうかはチェックしましょう。

ヒゲ脱毛に関する悩みをすべて解決!
ヒゲ脱毛Q&A

質問一覧

カテゴリー