サイトの管理人3人組、「K.O」「J.K」「T.M」のヒゲ脱毛レポートも公開!
ひげで悩む男性必見のコンテンツを集めたサイトです。

サイトマップ
全国のおすすめヒゲ脱毛クリニック&サロン情報 > ひげ脱毛Q&A > 剃刀負けはなぜ起こる?どうすれば防げる?

剃刀負けはなぜ起こる?どうすれば防げる?

毎日のヒゲ剃りの悩みにつきものの「剃刀負け」。ヒリヒリと痛かったり、血が出てきたりと見た目も気になります。
剃刀負けはなぜ起こるのでしょうか。また、どうすれば剃刀負けをしないでヒゲ剃りができるのでしょうか。原因や予防策を紹介します。

ヒゲ剃りのたびに起こる剃刀負け、正直憂鬱では?

ヒゲを剃るときの心配といえば剃刀負けが起こることではないでしょうか。
「いつも気をつけて剃っているつもりなのに、剃ったあとはどうしてもヒリヒリとした痛みを感じてしまう」「赤くなってしまったりして、その後、ずっと剃刀負けが気になって仕事に集中できない」「なんだかテンションが下がる」などなど、実際のところかなり憂鬱な気分になる人も多いようです。
しかし、剃刀負けが起こる原因や予防策を知っておけば、毎日のヒゲ剃りでの憂鬱から抜け出すことができそうです。

剃刀負けが起こるのはなぜ?

では、剃刀負けはどうして起こるのでしょうか。いくつか原因があるようです。当てはまる項目がないかチェックしてみましょう。

乾燥した肌のままで剃っている

ヒゲは水分を含むと柔らかくなり剃りやすくなります。ヒゲは実はかなり硬い毛であるため、乾燥したままだとつい力が入りすぎ、肌を傷つけてしまうのです。
肌になにもつけずに剃刀でヒゲを剃ろうとすると、必ずと言っていいほど剃刀負けを起こします。

寝起きすぐにあわてて剃っている

朝は忙しく支度もバタバタとしてしまいがち。とくに寝坊してしまった日なんかは、とにかく真っ先にヒゲを剃らなくてはと焦って剃刀を手にしていませんか?
寝起きすぐの顔はむくんでいるため剃りにくく、より剃刀負けを起こしやすい状態です。起きてから20分くらい経ってから、落ち着いて剃る時間をつくりましょう。

逆剃りしてしまうことがある

剃り残しや剃りにくいしぶといヒゲはつい逆方向から剃ってしまっていませんか? 逆剃りは肌に負担をかけるため剃刀負けしやすい剃り方です。

剃刀の刃を頻繁に交換していない

剃刀負けは剃刀の切れ味が悪かったり、刃に残っていた雑菌が肌に入ることで起こります。
剃刀を使ったあとのお手入れの仕方が剃刀負けを起こしているかもしれません。

剃刀負けしないための対策とは?

原因がわかれば予防策も取り入れやすいですね。剃刀負けをしないために工夫したいことをピックアップします。

肌とヒゲに水分を含ませ柔らかくする

ヒゲを剃る前にホットタオルでヒゲ部分を温めほどよく水分を含ませて柔らかくし、それからシェービングクリームをつけて剃りましょう。
肌が保湿されヒゲが柔らかくなり、剃りやすく、剃刀負けを起こしにくくなります。

ヒゲの生える方向に沿って剃る

ヒゲが生えている方向と同じ向きに剃刀を当て剃りましょう。
剃りにくい部分でも、手を抜かず、基本的には「上から下に向かって剃る」というのが正しい剃り方です。肌への負担が少なく、剃刀負けを起こさずにすむようになります。

アフターケアを怠らない

ヒゲを剃ったあと、そのままにしていると肌が乾燥し荒れやすくなり、肌のコンディションが整わず、剃刀負けをいつ起こすか分からない状態になってしまいます。
剃ったあとは、アフターシェーブローションや化粧水をつけて、肌を保湿しましょう。

電気シェーバーを使う

どうしても肌の調子が悪く、剃刀負けを起こしてしまいそうなときには、電気シェーバーに頼ることもひとつの手です。
ヒゲが濃い悩みを持つ人からは「電気シェーバーでは剃り残しや、青ヒゲが気になる」という声も聞かれますが、たとえば朝に剃って出掛けてから、昼間の休憩時間などに職場でもう一度電気シェーバーで剃るといった工夫で、ヒゲが目立ちにくくすることも可能です。

ヒゲの剃り方や剃刀のお手入れ

剃刀での正しいヒゲの剃り方や剃刀のお手入れ方法を今一度おさらいしておきましょう。
剃り方は、ヒゲ部分を温めて柔らかくしてから、シェービングクリームをつけて、剃刀を上から下に向けて剃るように、ヒゲの生える方向に沿って剃刀を動かして剃ります。あくまでも軽く滑らせるようなイメージです。

剃刀は刃先が摩耗していると引っかかったり、肌のざらつきが気になる仕上がりになるため、刃の交換は大切です。ヒゲの硬さや量によって個人差はありますが、大体2週間程度を目安に新しいものに交換すべきです。
また、使用中はこまめに剃りカスを水やぬるま湯で洗い流し、使い終わったあとも刃は拭かずにお湯で洗い流したら自然乾燥させましょう。湿気の多い場所に保管している場合は刃が傷みやすいため、お風呂場などに長く置くことは避けましょう。

レーザー脱毛でストレスを軽減

剃刀負けの原因や予防策などを挙げましたが、それでも、剃刀負けが気になったり、毎日のヒゲ剃りが面倒だという人には、レーザーヒゲ脱毛がおすすめです。

医療レーザー脱毛でヒゲを脱毛をすると、肌や毛穴もキレイになり、青ヒゲの悩みや剃刀負けが解消されます。
脱毛施術後は、多くの場合二度とヒゲは生えてきません。まれにレアケースとして生えてくる場合でも、産毛程度の細い柔らかいヒゲのため、剃る頻度も2週間に1度程度となるようです。
毎日の面倒なヒゲ剃りや剃刀負けにうんざりしている人は、これを機に医療レーザー脱毛を考えてみると良さそうです。

ヒゲ脱毛に関する悩みをすべて解決!
ヒゲ脱毛Q&A

質問一覧

カテゴリー