サイトの管理人3人組、「K.O」「J.K」「T.M」のヒゲ脱毛レポートも公開!
ひげで悩む男性必見のコンテンツを集めたサイトです。

サイトマップ
全国のおすすめヒゲ脱毛クリニック&サロン情報 > ひげ脱毛Q&A > ヒゲ脱毛をしたらどうやって毛が抜ける?
最終更新日:

ヒゲ脱毛をしたらどうやって毛が抜ける?

クリニックなどで行われている「ヒゲ脱毛」をしたら、術後はどうやって毛が抜けていくのでしょうか?その過程について解説しています。

ヒゲ脱毛における、レーザー照射後の毛の抜け方って?

エステサロンやクリニックなどで扱っているヒゲ脱毛の施術。

エステサロンで行っているフラッシュ脱毛や光脱毛の施術は、弱い出力で光エネルギーを照射するため、定期的なケアとして施術を受けたい方にオススメです。

一方、クリニックの医療レーザー脱毛は出力が強く、永久脱毛が可能になっています。そのため、ヒゲが濃くて悩んでいたり、すぐに効果を出したい方に向いています。

クリニックにおけるヒゲ脱毛の施術では、レーザーを照射してから1週間経った頃から自然と毛が抜け落ちてきます。術後~約1週間は、口まわりにヒゲが残っている泥棒ヒゲのような状態になるため、マスクなどで隠しておくと良いでしょう。

そして、遅くとも2週間たった頃にはほとんどの毛が抜け落ちた状態になります。 1~2ヶ月後に新しい毛がヒゲとして生えそろうのですが、その間はヒゲが生えてこないのでツルツルのお肌をキープできます。 1~2ヶ月後、ヒゲがほぼ生えそろってきたところで2回目のレーザー脱毛を行います。 術後は1回目の施術と同じようなプロセスで毛が抜けていき、5~6回目あたりで新しいヒゲはほとんど生えてこなくなってヒゲ脱毛が完了します。

術後の注意点

ヒゲ脱毛のレーザー照射直後は、毛根が破壊された状態になるので、少し引っ張ればスルッと毛が抜けてしまいます。それが快感になってついつい他の毛も抜いてしまいがちなのですが、それは我慢して自然に抜け落ちるのを待ったほうが無難。

なぜなら、毛穴周辺の角質層に存在するバリア機能がレーザー照射によって低下するため、通常なら予防できるブドウ球菌などの雑菌が、毛穴に侵入してしまう可能性があるからです。 ブドウ球菌が侵入すると「毛嚢炎(もうのうえん)」という感染症を起こします。毛嚢炎は毛穴部分が赤く盛り上がったり、中心に膿が出来てその周辺が赤くなってしまう状態のことです。

毛嚢炎になると余計に施術部位が目立つ原因になるほか、次の施術に支障が出るので、もし術後のヒゲが気になってもそっとしておいてあげて下さいね。

ヒゲ脱毛に関する悩みをすべて解決!
ヒゲ脱毛Q&A

質問一覧

カテゴリー