サイトの管理人3人組、「K.O」「J.K」「T.M」のヒゲ脱毛レポートも公開!
ひげで悩む男性必見のコンテンツを集めたサイトです。

サイトマップ
全国のおすすめヒゲ脱毛クリニック&サロン情報 > ひげ脱毛Q&A > ヒゲ脱毛をしてはならない人もいる?

ヒゲ脱毛をしてはならない人もいる?

職業やその人を取り巻く環境を考えた場合、ヒゲ脱毛をすべきではない人も確かにいます。

ぜったいにヒゲ脱毛してはいけない人

にわかには信じられませんが、職業上、ヒゲを生やす必要に迫られる可能性のある人はたしかにいらっしゃいます。以下のように、ヒゲがあるべきという社会通念が浸透している環境に身を置いている方は、ぜったいにヒゲ脱毛をしてはいけません。

海外出張・海外赴任のある職業の人

とくに中近東あたりに出張や赴任する可能性がある場合、ヒゲ脱毛をすべきではありません。現地では、男性のヒゲは常識。ヒゲがない男性は、仕事ができない人間だと思われるばかりでなく、同性愛者と勘違いされる可能性も。

レスラー・格闘家

レスラーや格闘家など、アマ・プロ問わず、ヒゲ脱毛はすべきではありません。わたしたちが想像する以上に、相手と対峙したときの威圧感は、この業界ではとても重要なもの。ツルツルの綺麗な顔では、とてもではありませんが、相手に恐怖心を与えることはできません。

プロ野球選手

とくに大リーグにチャレンジする可能性がある場合には、ヒゲ脱毛をするべきではないでしょう。これは「海外出張・海外赴任のある職業の人」と同様に、ヒゲがあるべきという社会通念のほか、体格差のあるなかで威厳を保つといった理由が考えられます。

俳優・役者

アイドルならまだしも、さまざまな役柄を演じなければならない俳優業は、ヒゲ脱毛は絶対にNG。付けヒゲを付けることも可能ですが、自然に生える方が無難だといえるでしょう。ヒゲが生やせないだけで、役がもらえないなんていうことも。

なるべくヒゲ脱毛をしないようが良い人

ヒゲがあっても不自然ではない職業の人は、将来の心変わりに備えて、ヒゲ脱毛をしないほうが良いかも知れません。

医師・弁護士・教師・学者・塾講師

世の中で、俗に「先生」と呼ばれる職業の人は、ヒゲがあっても良しとされる風潮があります。もともと日本におけるヒゲとは、殿様や明治時代の元勲など、社会的地位の高い一部の人たちに限られたファッションでした。その風潮は現代にも生きているため、一般に「先生」と呼称される職業の人は、ヒゲ剃りはしても、ヒゲ脱毛はしないほうが良いでしょう。

Gメン(税関職員など)

横浜税関などの職員は、密航者や密輸者などを取り締まるために、夜間、張り込みをすることがあります。Gメンと呼ばれる人たちです。証拠をとらえた瞬間に、一斉に現行犯逮捕に走りますので、ある程度の威圧感ある風貌を持っているほうが良いでしょう。税関の受付窓口にヒゲの人がいることもありますが、彼らは、実際に夜勤でGメンとして任務に就くことがあります。

威厳を保たなければいけない人

政治家や教授、社長など、とことん綺麗に清潔感を保つ方もいれば、ヒゲを生やして威厳を保つ方もいらっしゃいます。歴史上の偉人たちを見ても、ヒゲをたくわえている方ばかり。ヒゲがあれば偉いというわけでは決してありませんが、時としてヒゲは、知性や権力、力を象徴するものとして、相手の心理にアプローチすることができるのです。

モデル

なくてももちろん、モデル業は務まります。しかし、ファッションは時代の流れと共に変化します。何年か前にもヒゲ男子が流行ったように、いつまたヒゲが流行するか分かりません。どんな時代の流行にも対応できるよう、ヒゲ脱毛はしない方が無難だといえるでしょう。

以上を見ても、ヒゲ脱毛をしてはいけない人・しない方がいい人は、いずれも特殊な職業の方ばかり。一般のわたしたちは、ヒゲ脱毛の不必要性に対して、そこまで気をつかう必要はなさそうですね。

ヒゲ脱毛に関する悩みをすべて解決!
ヒゲ脱毛Q&A

質問一覧

カテゴリー