サイトの管理人3人組、「K.O」「J.K」「T.M」のヒゲ脱毛レポートも公開!
ひげで悩む男性必見のコンテンツを集めたサイトです。

サイトマップ

ヒゲ脱毛に健康保険はきくの?

健康保険が適用されるのであれば、ヒゲ脱毛もしやすくなりますよね。実際には保険適用されるケースはあるのでしょうか?

残念ですが健康保険は適用されません

現状において、疾患でもなければ日常生活において大きな支障をもたらすこともないヒゲは、その脱毛に健康保険が適用されることはありません。

医療機関での施術ではあっても、病気の治療とは異なるため、国がその費用までは負担できないということです。ヒゲ脱毛をお考えの方には残念ですが、当然のことと言えます。

もちろん、日常生活に支障が出るという方もいるでしょう。しかし、ヒゲが濃いという問題がいくら先天性のものであっても、健康を害する疾患とまでは至りませんし、本人の健康問題とはまったく関係がありません。

万が一「ヒゲが濃いと寿命が縮む」などといったことが医学的に証明されれば、ヒゲ脱毛にも保険が適用される可能性もありますが、そのような因果関係はいっさいありません。

ただし例外的に、皮膚疾患の治療の一環としてヒゲ脱毛が避けられない場合、保険が適用されるケースもあるようです。しかし、それはあくまでヒゲ脱毛を目的としたものではなく、皮膚疾患の治療が目的。私たちには無関係と思っていいでしょう。

一般的にみれば、ヒゲ脱毛は単なる美容上の問題なのです。「なんでヒゲ脱毛に保険が適用されないんだ」という発想は、いわば「美容院で髪を切るのに保険を適用して欲しい」「ネイルサロンで爪にデコレーションを付けたから保険を適用させて」といった常識はずれな主張と変わりありません。

ところが、です。美容上の問題においては何もかもが保険適用されないのかといわれれば、決してそうではありません。なかでも、生活に著しく支障をもたらしている症例に関しては、保険が適用されているものも実在します。

それは、豊胸手術とわきがです。

乳がん手術で乳房を失った人は、限定された豊胸術でのみ、保険が適用されます。わきがに関しては、担当医師が保険適用される症状であると判断すれば、限定された治療法において保険が適用されます。ともに濃いヒゲと同じく美容上の問題ではありますが、日常生活に著しい支障をもたらすケースと認められた症例なのです。

このように、現在はヒゲに対して、単なる美容上の問題くらいの認識ではありますが、将来的に濃いヒゲが日常生活において著しく支障をきたすほどの社会問題になった場合、その時は保険適用される時代になっている…かもしれませんね。

ヒゲ脱毛に関する悩みをすべて解決!
ヒゲ脱毛Q&A

質問一覧

カテゴリー