サイトの管理人3人組、「K.O」「J.K」「T.M」のヒゲ脱毛レポートも公開!
ひげで悩む男性必見のコンテンツを集めたサイトです。

サイトマップ
全国のおすすめヒゲ脱毛クリニック&サロン情報 > ひげ脱毛Q&A > 「ヒゲの除毛」と「ヒゲ脱毛」の違いって?

「ヒゲの除毛」と「ヒゲ脱毛」の違いって?

ヒゲの脱毛はそれなりに費用がかかります。しっかり処理したいけど、今お金をかけたくない、というときに「除毛というのはどうだろう」と考える方もいるかもしれませんね。
「除毛」と「脱毛」はどう違うのでしょうか。ヒゲの「除毛と脱毛」についてご説明します。

「除毛」とは?

除毛とは、おもに、除毛クリームを使ってムダ毛(体毛)の処理を行うことで、毛を毛根から無くしてしまう「脱毛」とは違います。
「除毛クリーム」と呼び方がややこしくて混同しがちな「脱毛クリーム」というものもありますがこれは実質的に「除毛クリーム」と同じ内容のものだと思ってください。(どちらも後述のように、毛を化学的に溶かして除去するものです)
これらのクリームを使う方法で、エステやクリニックで行うような永久脱毛級の脱毛を行うことは不可能だということもご理解ください。

除毛クリームを使うことで、ムダな毛を除くことは可能です。ツルツル、キレイになるということは嘘ではありません。
しかし、結論から言いますと、市販されている除毛クリームでヒゲを無くす目的を果たすことはできません。この点について、ご説明をしていきましょう。

「除毛」は、顔のヒゲに使えるの?

除毛クリームには、「毛を溶かす」効果があります。毛を構成しているタンパク質を溶かす作用をもつ、アルカリ性のクリームがその正体です。これを肌に塗り続けることで、その部分に生えている毛を溶かし、除くのです。

しかし、顔は肌のなかでも敏感な部分ですから、脚や腕用の除毛クリームは使うことができません。
毛を溶かすということは、毛を構成するタンパク質を分解する成分を含んでいるわけですが、この成分は肌のタンパク質にも作用します。
脚や腕の肌ならまだしも、顔部分の肌に使用すると、赤くなったりカユミを生じさせたり、ひどい肌荒れを起こすこととなってしまうからです。

ちなみに、「脱毛クリーム」や「抑毛ローション」というものも市販されています。
「脱毛クリーム」は、実質的に除毛クリームと同じ理屈で、「毛を溶かして取り除くもの」で、「除毛クリーム」と同様、顔の皮膚に適しているものはほとんどありません。

「抑毛ローション」は今生えている毛を除去することはできず、毛根に働きかけてこれから生えてくる毛が細く目立ちにくい毛になるよう働きかけるものです。
「脱毛したい!」と願ってツルツルの肌を目指す人の目的をすぐにかなえるものではありません。

体毛を除毛するときのメリット① ムダ毛を簡単キレイに処理できる

除毛クリームで、ヒゲでなく、体毛を除毛する場合のメリットは、なんといっても「あっさり」と体毛処理ができる点です。タオルやヘラ、処理後のお手入れなどで、準備と時間が多少かかりますが、「へえーっ!」って感じで、除毛が完了します。

クリームのメーカーごとに異なりますが、除毛クリームを塗って放置する時間はだいたい10分程度。たった10分で約1週間のムダ毛処理から解放されると思えば、らくちんですね。
タオルを用意しておいて、除毛クリームを部位に塗って、そして数分放置。あとは水やぬるま湯などで流してオワリです。

体毛を除毛するときのメリット② カミソリ負けをせずに体毛処理

肌の弱い人にとって、体毛の処理でカミソリを使うことは避けたいことのひとつです。カミソリ負けして肌がぼろぼろになったり、痛いのはツライですからね。
高いカミソリを購入しても、剃り終えて肌が真っ赤になる、血が出る、などという状況は避けたいもの。

その点、クリームを塗って、毛を溶かすことでムダ毛処理ができる除毛クリームは、カミソリよりはるかに肌への負担が少なくてすみます。
肌を物理的に傷つけることなく、ムダ毛のない、きれいなボディを手に入れるには、除毛クリームは役立ちます。
ただし、化学的に肌に合うかどうかは、人の体質によって異なります。自分の肌に合うか合わないか、使用前にパッチテストは忘れずに行いましょう。

体毛を除毛するときのデメリット① そうはいっても面倒くさい

除毛自体は10分程度で済みますが、やはりしょっちゅう除毛を行うのは少々面倒くさい。そう思える場合が多々あります。
除毛はいかんせん、いま肌の上に生えている毛を溶かすだけなので、肌の下の毛根からはまた、同じような毛が生えてきます。生えてきたら、またそれを処理しなくてはいけない、というのが面倒のもとです。
市販の除毛クリームでは「永久脱毛」は到底できるものではありません。
さらに、冒頭でも説明した通り、除毛クリームが使えるのは、顔以外の体毛・ムダ毛のみです。ヒゲの処理には使えません。

体毛を除毛するときのデメリット② 除毛クリームで体毛が濃くなる?

除毛すると体毛がさらに濃くなるという声も聞かれます。しかし、これは「濃くなるように感じる」が正解。
除毛してキレイになるので、次に生えてくる毛を濃く感じるとか、生えてくる周期を面倒に感じるとか、そういったことのようです。

ただ、「濃くなるように感じられる」人は多いのも事実。除毛をし始めたことがきっかけで、ムダ毛がかえって重荷になってしまう、という場合があるのも否めません。
また、除毛クリームには独特のニオイも多少あるので、苦手な人はどんどん苦手になってしまう、という場合も。

体毛を除毛するときのデメリット③ 除毛のコストがけっこうかかる

カミソリなら、1度買ったらそれを使い続けます。安いカミソリを早めの周期で使い捨てていく人もいるでしょう。
しかし、除毛クリームは、クリームを買い続けないといけません。はじめは感動するのですが、けっこう買い続ける周期は早く感じてしまいます。
コスト面でけっこう挫折してしまうという場合も無いとは言えません。

除毛でダメならやはり「ヒゲ脱毛」?

体毛を「除毛」することについてのメリット、デメリットを一通り見てきましたが、でも、「僕は顔のヒゲをどうにかしたくて方法を調べてるんだ」という話でしたよね?
「う~ん、自宅でヒゲの対処、どうすればいいんだろな、結局、やっぱり毎日こまめに髭剃りをするしかないのかな」と諦め気味になる人もいるでしょう。

結論を申し上げます。自宅でヒゲの処理をするのは「毎日の髭剃り」か、あるいは少しずつヒゲを薄くしていく「抑毛ローション」の類に頼るしかありません。

ただ、それよりもっと劇的な方法を考えたい!と言うあなたには、思い切ってサロンやクリニックでの「ヒゲ脱毛」を具体的に考えてみる、という選択肢があります。
長期的な目でみるとその方がコスト面でもかえっておトク、ということさえあります

クリニックでのレーザー脱毛がおすすめ!

ヒゲ脱毛は需要が多く、信用できる大手のエステやクリニックなども積極的に展開されています。
方法や部位などにもよりますが、1回あたりの脱毛にかかる費用は2000円程度からなんです。
そして、より完ぺきなツルツル肌を目指すのであれば、「永久脱毛」をうたっているクリニックでのレーザー脱毛がおすすめです。

ヒゲ脱毛に関する悩みをすべて解決!
ヒゲ脱毛Q&A

質問一覧

カテゴリー