サイトの管理人3人組、「K.O」「J.K」「T.M」のヒゲ脱毛レポートも公開!
ひげで悩む男性必見のコンテンツを集めたサイトです。

サイトマップ

ヒゲ脱毛って個人差があるの?

濃さや生え方も、人によって大きく異なるヒゲ。その脱毛効果や痛みには、はたして個人差が生じるのでしょうか。

効果と痛みにはたしかに個人差がある

ヒゲ脱毛においては、その「脱毛効果」と「痛み」の2つに、大きな個人差があるといえます。

ヒゲは人それぞれ、濃さ・生え方が異なります。そのため、たとえ同じ脱毛施術を受けたとしても、その効果には個人差が生まれてしまうものなのです。これを読んで「ヒゲが濃いから効果があまり見られないかも…」と心配している方、ちょっと待ってください。通常で考えれば、ヒゲの濃い人ほど脱毛が難しいのでは?と思ってしまいがちですが、じつはレーザー脱毛の世界では逆になるのです。

レーザーは毛根の黒い部分に反応して、自動で照射されます。よって、ヒゲが濃ければ濃いほど的確に照射することができ、脱毛効果は高くなるのです。逆にヒゲが薄いことで、レーザーがうまく反応せず、まばらな脱毛状態になる可能性があります。そのため、レーザー脱毛においてはヒゲの濃さにより、このような個人差が生まれます。

痛みの個人差についても同じく、レーザー照射される箇所が多ければ多いほど痛みは増します。そのため、一般的にヒゲの濃い人ほど痛むとされていますが、個人差が生まれる理由はそれだけではありません。

痛みを感じとるのは、神経組織。神経組織も体の一部である以上、生まれつき他の部位と同様に、個人差はあります。痛みを感じやすい体質の人と、感じにくい体質の人とがいるのです。ヒゲ脱毛の体験談を見れば一目瞭然。ヒゲの濃さに関係なく、激痛だったという人もいれば、チクッとする程度だったという人もいます。一概にこういった人が痛むといった理由は分かっていませんが、痛みに対する個人差は確実に存在します。

これらの個人差に対策するには?

まず、ヒゲの薄い人については、レーザーの出力を上げるという方法があります。毛根を発見するセンサーを高くする、ということになりますが、出力を上げることによるリスクがともなうため、あまり推奨されません。

施術の回数を増やすというのも、有効な方法のひとつ。費用はかかりますが、安全に確実なヒゲ脱毛をおこなうことができます。また、アレキサンドライトレーザー系の機器よりもダイオードレーザー系の機器のほうが薄いヒゲの脱毛に適していると言われているため、レーザー機器を選ぶという方法も最適です。機器はクリニックによって違いますので、事前にHPでチェックしておくと良いでしょう。

痛みに対する個人差については、さまざまな対策があるので、あまり心配する必要はありません。クリニックの場合は、麻酔を使うことができます。ガスやクリームなど、数種類の麻酔が準備されていますので、痛みに弱いタイプ、痛みが怖いタイプの人は、遠慮なく医師に伝えましょう。別途料金は数千円程度となっています。

また、サロンの場合は、冷却ジェルを使うことができます。痛いのか冷たいのか分からない、うやむやな状態にする方法です。麻酔ほどではありませんが、意外に効果はあります。

ヒゲ脱毛にはたしかに個人差が存在しますが、以上のようなあらゆる方法があるため、極端な個人差が生じることはほとんどないと考えて良いでしょう。

ヒゲ脱毛に関する悩みをすべて解決!
ヒゲ脱毛Q&A

質問一覧

カテゴリー