サイトの管理人3人組、「K.O」「J.K」「T.M」のヒゲ脱毛レポートも公開!
ひげで悩む男性必見のコンテンツを集めたサイトです。

サイトマップ
ヒゲ脱毛のヒゲナビ > ひげ脱毛Q&A > ヒゲ脱毛中って周りにバレる?
最終更新日:

ヒゲ脱毛中って周りにバレる?

「脱毛していることをあまり人に知られたくない…」そんな方のために、ヒゲ脱毛中は周りにどう見られるのか調査しました。

ヒゲ脱毛中に違和感が見られることはある

周囲の人が「あ、この人ヒゲ脱毛している!」となることは、まずありえません。そもそも、他人はそこまで人 の顔をジロジロと見ません。しかし、毎日顔を合わせる方の中には、顔のある変化に気付く方もいるかもしれません。

とはいっても「顔の半分だけ毛がなくなる」「毛のない部分とある部分が露骨だ」というわけではなく、以下のような症状が出る のみですので、ヒゲ脱毛をしていると気付かれることはほとんどありえません。

毛嚢炎(もうのうえん)

施術箇所に現れる赤いツブツブのようなもの。一見すると、ニキビを小さくしたデキモノのような見た目になります。レーザーが照射された肌のバリア機能が一時的に弱まることによって、ブドウ球菌が侵入して毛嚢炎を起こします。ブドウ球菌はどこにでも存在しますが、とくに海水浴や温泉などには注意してください。ヒゲ脱毛直後は行かないほうがベターです。

泥棒状態(どろぼうじょうたい)

レーザーが照射されて焼かれた毛根が、一時的に皮膚の中でふくらんで目立ってしまうことがあります。この現象が口周辺で同時多発すると、風呂敷の似合う泥棒状態になります。

これらは、現れる人と現れない人、すぐに消える人や一週間程度続く人など、個人差があります。仮に現れたとしても、周囲の人にとっては「最近少しヒゲ濃くなった?」「口の周りが荒れてるよ?」といった程度の違和感。当の本人は気になるかもしれませんが、なんて言うことはありません。

営業職や接客業などで、どうしても気になる方はマスクの着用が現実的。変にファンデーションなどで隠そうとすると「このひと、化粧するんだ…」など、あらぬ疑いをかけられることも。施術直後のほんの数日のことですし、ヒゲ脱毛の天敵でもある日焼けの防止にもつながるため、マスク着用がベストだといえます。

ヒゲ脱毛していることは恥かしいことでもなんでもありません。ましてや、身なりを気にする清潔な印象を与えることもあります。脱毛を知られるデメリットよりも、はるかにヒゲ脱毛するメリットの方が大きいといえるでしょう。

脱毛後の泥棒ヒゲは無理に触らない方がいい

泥棒ヒゲのような状態になると、自然な状態になるまで数日から1週間程かかる場合もあります。

ただ、個人差によってかかる日数は異なります。そのため、あまりにも長引いてしまうと「早く治まる方法があれば試したい」「恥ずかしい」といった気持ちになってしまうでしょう。 しかし、ここは無理に泥棒ヒゲを触ったり引っ掻いたりすると、雑菌が入って毛嚢炎なる可能性があります。毛嚢炎になると、かえって目立ってしまう恐れがあるので、極力触らないようにしましょう。

また、焼け残りのヒゲを無理に自分で抜いてしまうと、切れたヒゲが埋没毛(まいぼつもう)の原因になってしまいます。

ひどい場合だと、そこから炎症を起こり手術をしなければならなくなってしまうのです。 泥棒状態のヒゲは、数日我慢すれば自然と抜け落ちます。そうなると、気になるヒゲ部分も薄く目立たない状態になるので、下手に触らず我慢しましょう。

処方されたステロイドを塗っていれば、大丈夫?

医療脱毛クリニックでは、毛嚢炎を起こさないようにするために炎症止めのステロイドを処方してくれます。

顔の皮膚は皮脂腺が多く、脱毛をした後の毛穴はとてもデリケートな状態となり化膿しやすくなります。このステロイドは抗炎症作用の効果があるので、毛嚢炎を抑える効果があります。

また、ステロイドには、アレルギーや皮膚表面にある免疫の働きを抑える効果があるため、泥棒状態のヒゲを予防することが可能です。

しかし、ステロイドには殺菌作用がありません。そのため、ヒゲ部分に塗布した後に触りすぎると毛穴が化膿する恐れがあるため、注意しておきましょう。

脱毛後のアフターケア

脱毛した後のヒゲは、とてもデリケートの状態になっています。そのため、しっかりアフターケアをして肌荒れや炎症を起こさないようにしましょう。

ここでは、アフターケア方法を3つ紹介していきます。

1.汚れた手で触らないようにする

いろんなものに触れている手は、細菌が数多く潜んでいます。こまめに手洗いをしないと、細菌の数はどんどん増えて不衛生な状態になります。

特に脱毛後のデリケートになっている肌に触ると、細菌が付着して炎症を起こしてしまいます。手は清潔にしておくことと、むやみやたらに脱毛後の肌に触れないようにしましょう。

2.ヒゲ剃り後は、洗顔で肌の清潔を保つ

ヒゲを剃った後は、一時的に皮膚が傷ついて肌荒れを引き起こしてしまいます。それを防ぐためにも、ヒゲ剃りをした後は化粧水や乳液を使ってしっかり保湿する必要があります。

特に男性の場合は、日常的に保湿ケアをする習慣がないため、肌荒れを引き起こしやすいです。普段から保湿ケアをすることで肌に水分がしっかり行き届くので、肌トラブルも回避できます。

なお、ヒゲを剃った後の保湿をする際は、化粧品の成分に注意が必要。アルコールや清涼感を出す成分は、ヒリヒリしたり赤みがでたりする原因になるため気をつけましょう。

3.炎症を抑えるために冷たい水で顔を洗う

ヒゲ脱毛をした部分は、肌の内側に熱がこもっている状態です。よって、毛穴が炎症を起こさないようにしなくてはいけません。冷たい水で顔を洗うと、炎症部分を鎮静させてくれるのでおすすめです。

ヒゲ脱毛に関する悩みをすべて解決!
ヒゲ脱毛Q&A

質問一覧

カテゴリー