サイトの管理人3人組、「K.O」「J.K」「T.M」のヒゲ脱毛レポートも公開!
ひげで悩む男性必見のコンテンツを集めたサイトです。

サイトマップ

ヒゲ脱毛をするときの注意点は?

ヒゲ脱毛、やってみようかな…。その気になったあなたにまず読んでほしいのがこちら。
ヒゲ脱毛を成功させるための、ヒゲ脱毛注意点をまとめました。

ちょっと待って!ヒゲ脱毛は今すべきか、よーく考えること

ヒゲ脱毛注意点として、最初のチェックポイントは「ほんとうに自分はヒゲ脱毛の施術が必要か?」と問い直すことです。
現代のヒゲ脱毛の効果は「想像以上」という声が多く、それほど効果が期待できる施術ですが、コツコツ通ってケアすることが大切ですし、一時的にですがお金も相応にかかります。
「ヒゲ脱毛を成功させる!」というつよい憧れやモチベーションがないと、中途半端なことになってしまうことも。ヒゲ脱毛のメリットにばかりとらわれて、あまり情報を調べずに勢いだけで申し込むのは考えものです。事前準備をしっかりして、成功させましょう!

ヒゲ脱毛を始める時期をいつにするか

顔は常に見られる部分なので、ヒゲ脱毛を始める時期には気をつけたいところです。
その「ヒゲ脱毛スタート時」のおすすめとしては「冬に始めること」です。ヒゲ脱毛では人によっては効果が出るまでに数日~数十日かかる場合もありますが、施術をしたその日からある程度のツルツルすべすべになる場合もあります。
そのため「突然ある日脱毛してキレイな肌になっているのがなんとなく恥ずかしそう」と考える人も、実は多いよう。

でも、冬の季節ならマスクをしていても不自然ではないですよね。始めたらあとには引けないので、万が一なにかあってもマスクで覆い隠せる時期を狙うのは悪くないと思います。

夏のマスクは蒸れて気分もよくないし、肌の環境にも良くありませんから、あまり脱毛部分を見られたくない人は、夏でなく、数か月間はマスク顔が不信に思われない冬にスタートするのがおすすめです。

ヒゲ脱毛をしたら長期的な目を持つこと

ヒゲ脱毛での注意点として覚えていてほしいのが、長期的な目で結果をみることです。
さあヒゲ脱毛するぞ!と期待に燃えていても、ヒゲ脱毛は、実は結果が出るまでに「じっくり待つ」ことも必要な場合が多々あります。

ヒゲ脱毛に踏み切った人のなかには、得てして「気持ちが前のめりになっている」人が少なくないものですが、そうした人にはとくに「まあ待とうよ」とアドバイスをお伝えしたいと思います。
個人差もありますが、施術を最初に受けてから効果を実感するのがだいたい1週間程度。脱毛の施術を受けたのに効果がないじゃないか!と無駄に心配しないこと。これもヒゲ脱毛大事な注意点のひとつです。

医療的な知識、単語をさくっとチェックしておこう!

ヒゲ脱毛はまったくの無防備・無知で臨むのではなく、調べておいた方がよいことが多少あります。
情報を集め過ぎて偏見を持ってしまうのも考えものですが、ポイントは、医療的な知識を少しだけでもいいので理解しておきましょう。

カウンセリング時に難解な専門用語を連発して患者を煙に巻くような説明をするクリニックでは施術を受けない方がいい、というアドバイスもありますが、基本的なことをなにも知らずにカウンセリングに行く姿勢もあまりおすすめできません。
ダウンタイムのこと、施術初回で効果がすぐ現れるわけでないこと、脱毛の手法のこと、そして自分の肌質や痛みに対する耐性はどの程度かといったことなど、頭のどこかに情報の引き出しがあるだけで、対等にコミュニケーションがとれますし、安心して施術にのぞめますよね。

どんな方法でヒゲ脱毛するか~永久脱毛は「一生生えない」と思え

まず確認しておきたいヒゲ脱毛注意点。それは、どの方法でヒゲ脱毛をするか、ということです。

ヒゲ脱毛の方法は大きく3種類。
①ニードル脱毛、②フラッシュ脱毛、③レーザー脱毛 です。
それぞれの方法のメリットやデメリット、効果などについては、以下に記しました。それらの内容を理解したうえで、自分のニーズに合う方法を見つけましょう。

いわゆる「永久脱毛」と呼ばれる方法が、レーザー脱毛です。ほかの方法もかなりの効果があると考えていいのですが、ポイントは「レーザー脱毛でヒゲ脱毛すると、一生ヒゲが生えない」と思ってのぞむこと。
もうこれからは一生ヒゲは生やさない、という気持ちでヒゲ脱毛にのぞむのか、いまちょっとだけ「脱毛」を体験してみるだけで、もしかするとまたヒゲを伸ばしてみたくなることもあるのかどうかを、いったん立ち止まって考えてみましょう。

脱毛法その①ニードル脱毛:ヒゲをデザインしたい人に

ニードル脱毛はヒゲの形をデザインしたい人におすすめです。
針脱毛、電気脱毛とも呼ばれ、ヒゲ1本ずつに針をさして、電気をあてることで脱毛を施す方法です。ただし、脱毛前にヒゲを数センチ伸ばしておく必要があります。 担当のエステティシャンの実力によって、痛みや処理の時間に差が出るので、カウンセリングや応対などでもしっかりスタッフに内容を確認し、その反応をチェックしましょう。 また、時間単位で課金されることも要確認ポイントです。

脱毛法その②フラッシュ脱毛:痛みが苦手な人、ヒゲが薄い人に

ヒゲが濃くない人で、あまり痛みを体験せずに脱毛したい人におすすめ。
エステサロンで受けることができる脱毛法で、ヒゲに機械で光を照射して、脱毛させます。痛みがほぼないので、痛みに弱い人もこちらがおすすめですね。

女性の脱毛界でもフラッシュ脱毛は大人気。男性のヒゲ脱毛での注意点としては費用と効果のバランスを検討することでしょうか。
1回につき、口周りで2000円程度、頬は15000円程度ですが、10〜20回程度通うことが必要です。ヒゲの濃さによるところが大きいので、ヒゲが濃い人は回数を重ねるため費用が高くついてしまうこともあります。
また、このフラッシュ脱毛は「永久脱毛」ではありません。永久脱毛は医療従事者がいるクリニックでのみ許可される施術なので、エステサロンでは「永久脱毛」は行えないのです。

脱毛法その③レーザー脱毛:ヒゲが濃い人におすすめ

ヒゲが濃くて、しっかり脱毛したい人におすすめです。
このレーザー脱毛が、いわゆる「永久脱毛」です。医療レーザー脱毛ともいい、クリニックや皮膚科など、医療機関でしか受けることができません。

フラッシュ脱毛とやり方はほぼ同じなのですが、使用する光としてフラッシュ脱毛より出力の高いレーザー光を使うところが特徴です。
照射の範囲も狭く、医療従事者のみが使用できる、出力の強い機械を使用して脱毛していきます。
そのためヒゲ脱毛の効果としてはかなり満足できる仕上がりとなりますし、通う回数もフラッシュ脱毛より抑えられる場合が多いです。
注意点は痛み。また、1回につきかかる費用もフラッシュ脱毛より高いので、このへんのバランスを考えて決めたいところです。

ヒゲ脱毛の注意点は開始前にかかっている!

上で紹介した3つの方法は、それぞれに完成度も高く、安全性も安心できるもの。自分のヒゲの生え方や目的に合った方法を選ぶことが大切です。
つまり、ヒゲ脱毛で注意すべき点は、ヒゲ脱毛を開始する前にかかっている、と言うことができます。

エステやクリニックでは、無料カウンセリングやおためし価格を用意しているところがかなり多くあります。「無料相談に来ただけの人」にしつこい勧誘をかけてくることも今はそれほど多くありません。
そういう機会を利用して、しっかり話を聞いて判断しましょう。担当スタッフのヒゲの処理の仕方、肌のキレイさを見ておくこともチェックポイント。
「ちょっとここは無しだな」と思ったらサッと引き上げて、また別のクリニックの扉を叩いてみましょう。

カウンセリングでは、リスクについても答えてくれるかをチェック

安全とはいえ気になるのが、ヒゲ脱毛のリスクですね。
あまりにも安いところ、キャンペーンでグイグイ推してくるところは、安い機械を使用して、施術のクオリティは二の次、というケースもあります。
そこそこ大手なら安心そう…ということも大きな判断材料ですが、やはりカウンセリングで熱心に話を聞いてくれるか、また、デメリットやリスクについてもきちんと答えてくれるかどうかがポイントです。

ヒゲ脱毛に関する悩みをすべて解決!
ヒゲ脱毛Q&A

質問一覧

カテゴリー