サイトの管理人3人組、「K.O」「J.K」「T.M」のヒゲ脱毛レポートも公開!
ひげで悩む男性必見のコンテンツを集めたサイトです。

サイトマップ
全国のおすすめヒゲ脱毛クリニック&サロン情報 > ひげ脱毛Q&A > ヒゲ脱毛はどのくらい痛い?痛みについての口コミまとめ
最終更新日:

ヒゲ脱毛はどのくらい痛い?

ヒゲ脱毛を考えている方にとって、とくに気になることのひとつが「どのくらい痛いのか?」というもの。脱毛方法や部位、肌質ごとのヒゲ脱毛の痛みについて、詳しくまとめてみました!

結論、ヒゲ脱毛は痛い!

どのタイプの施術を受けるかによって痛みの度合いは変わってきますが、特にレーザー脱毛でのヒゲ脱毛は痛いという感想を持っている方がほとんどです。

ヒゲ脱毛の痛みはどれくらい?

twitterでリアルな声が上がっています。それぞれによって感想は違いますが、熱さとバチっとした痛みがあるというのが共通しているようです。

元々思っていたものよりも痛かったというのが正直なところのようです。冒頭でもお話した通り、ヒゲ脱毛には何種類かあり、それぞれによって痛みが変わります。

ヒゲ脱毛には、主に3つの種類がある!

ヒゲ脱毛には、大きく分けて主に3つの方法があります。

エステサロンで施術する「光脱毛」

光脱毛は、一般的にエステサロンで受ける施術のことです。黒や茶色などのメラニン色素に反応する光を広範囲に照射することで、毛の部分に刺激を与えて除毛や減毛の効果をもたらすものです。
光を当てるだけの施術で短時間で済みますし、クリニックの施術に比べると費用がリーズナブルな点がメリットとされています。

クリニックで施術する「レーザー脱毛」

レーザー脱毛は、一般的に病院やクリニックといった医療機関で受けるヒゲ脱毛です。
仕組みとしては光脱毛とほぼ同じなのですが、医師や看護師など医療資格を持つ人しか使えない強力なレーザー機器で行われるため、効果が出るのが早いのが特徴です。
医療機関ということもあってカウンセリングやアフターケアにも安心感がありますし、万が一トラブルが起きた時にもすぐに相談できますね。

美容電気脱毛とか絶縁針脱毛と呼ばれる「ニードル脱毛」

最後にご紹介するヒゲ脱毛は、光脱毛やレーザー脱毛よりも長い歴史を誇る「ニードル脱毛」。
これにはサロンで受ける「美容電気脱毛」とクリニックで受ける「絶縁針脱毛」があり、やはりクリニックでの絶縁針脱毛の方が効果が高いと言われています。
毛穴1本1本に針を通し、そこに電流や高周波を直接送ることによって毛を成長させる細胞(毛乳頭)を破壊するという方法です。

その① 痛みは最も少ない「光脱毛」の体験談は?

では、まず最初に「光脱毛」によってヒゲ脱毛をする時には痛いのか?実際体験した方々の意見をまとめてみました!

パチっ!とはじける感じ

「ヒゲ脱毛は結構痛いという意見が多かったのですが、初めての施術だと確かに多少痛みを感じました。ただ、いたたたた!という感じではなく、どちらかといえば「パチっ」と軽くはじけるような感覚だったので、普通に耐えられました。」

全然痛くなかった

「毛穴を目立たないようにしたいという思いでヒゲ脱毛サロンに行きました。ただ、ヒゲ自体はそこまで濃くなかったせいか、別に痛くなかったです。太くて濃い毛が多い人は結構痛いんですよ、と言われたので、体質によるのかもしれませんね。」

抜くよりは痛いかな

「毛穴が気になって元々はピンセットでヒゲを抜いていました。しかし、肌荒れしやすいし逆効果になることもあると聞いて光脱毛へ。まあ確かに、自分で抜くよりは若干痛かったかな…。でももう行きたくない!と思うほど痛いわけではなかったです。」

【結論をまとめると】

ピンセットで抜くよりは痛いけど、耐えられる程度!

その② 個人差で感じ方も違う?「レーザー脱毛」の体験談は?

では、光脱毛よりも強力だと言われている「医療用レーザー」でのヒゲ脱毛は痛いのでしょうか?実際体験した方の意見をまとめてみました!

初回は結構痛かった

「どうせなら効果が高い方がいいし、と思って医療用レーザーでのヒゲ脱毛に臨みました。痛いとは聞いていましたが、初回は確かに結構痛かった!説明によれば、レーザーはメラニン色素に反応するので、ヒゲが濃くて目立つうちは特に痛みが分かりやすいということでした。でも、繰り返し通っていたら徐々に気にならなくなってきましたよ。」

抜く時の倍くらい痛い

「レーザー脱毛は痛いけど、大体輪ゴムでパチン!とやられるくらいだと聞いていましたが、個人的にはピンセットで抜く時の倍くらい痛いと感じました。別に耐えられないほどではありませんが、皮膚が薄い人はもっと辛いのかなあ…。」

ヒゲが気にならなくなると思えば

「ヒゲ脱毛って痛いらしいよ、と聞いてややビビリながら受けましたが、なるほど…って感じでした。確かに結構痛いですが、やっぱり病院で受けるので事前の処置やアフターケアがしっかりしてるし、自分はそこまで気になりませんでした。何よりこれでヒゲに関する悩みがなくなると思えば、全然耐えられるかな。」

【結論をまとめると】

光脱毛よりは痛いけど、通ううちに気にならなくなる!

その③ 痛みは最も大きいかも…「ニードル脱毛」の体験談は?

最後に、針を直接指しながら行う「ニードル脱毛」は痛いのか?実際に体験した方の意見をまとめてみました!

痛いし熱い

「レーザー脱毛より効果が高いと聞いて、どうせならそっちの方がいいかなと思いニードル脱毛を選択しました。さすが針を刺すというだけあって、痛いし熱い!恥ずかしながらグッと硬直して耐えている感じでした。身体の体毛脱毛の方でも結構痛いらしいので、顔のヒゲ脱毛は余計に痛さがキツいんですかね?」

下手したらタトゥーより痛い

「若気の至りでタトゥーを入れた経験があるので、針を刺すと言ってもまあ大丈夫だろうと思っていました。でも、電気を流すとなるとやっぱり違うんですね…。正直通うのも億劫になるくらいですが、コンプレックス解消のためなので根気強く続けてみようと思います。」

思ったほどではなかった

「ニードル脱毛は痛いイタいと聞いていましたが、どうしてもスッキリさせたかったので近くのクリニックに行きました。個人的には、確かに痛いですが思ったほどではなかったです。たまたま通ったところの先生が上手だったのか、相性が良かったのか…。個人差も大きいとは言われましたが。」

【結論をまとめると】

基本的にはかなり痛い!ただし、サロンやクリニックとの相性もある
※痛みに関しては、サロンの美容電気脱毛とクリニックの絶縁針脱毛で大きな違いはないようです。

脱毛の効果と痛みには密接な関係がある?

光脱毛はレーザーに比べ、出力が低いため、効果は低いものの痛みや肌への負担は低い脱毛施術。逆に、ニードル脱毛は非常に高い脱毛効果がありますが、直接毛根へ電流を流すため、強い痛みが発生します。

効果の順は、

光脱毛→レーザー脱毛→ニードル脱毛の順に高くなります。

そして痛みの順も、

光脱毛→レーザー脱毛→ニードル脱毛の順に高くなるわけです。

ヒゲ脱毛の痛みは、部位によっても違う?

このように、ヒゲ脱毛の中で最も痛みが少ないのは「光脱毛」、最も痛いけど効果が高いのが「ニードル脱毛」ということになりますね。ただし、ニードル脱毛は人によっては途中で施術を断念してしまうほど痛いようなので、初めての方はやはり効果と安心感を兼ね備えた「医療レーザー脱毛」がおすすめだと言えるでしょう。

ヒゲ脱毛の痛みは体質やサロン、クリニックとの相性も関係しているようですが、実は施術する「部位」によっても違いがあります。 例えばアゴ、ホオの近く、鼻下などはとくに痛いようです。今回おすすめするレーザー脱毛の場合はメラニン色素に反応するという性質上、ヒゲが密集している部分ほど痛みを感じやすいようです。

最も痛いのは「鼻下」

ヒゲが濃い方の場合、最も密集しやすいのが「鼻の下」。皮膚も柔らかい部分なので、中には涙が出るほど痛い!という方もいるようです。ただし、照射する範囲が小さいため、ずっとヒリヒリするような部位ではないとのこと。

実は「口の下(アゴ)」も痛みが強いポイント

続いては、アゴの中でも特に「口の下」に当たる部分。ここもヒゲが濃くなりがちですし、照射範囲が広く施術時間が長い分、こっちの方が辛いという方もいるほど。

ホオやアゴの下あたりに関してはものすごく痛い!という方はほぼいないようですが、人によってはその辺りまで濃いヒゲに覆われている方もいますから、個人差があると言えます。 鏡で自分のヒゲの生え方を確認し「この辺りは痛いかもな…」とシミュレーションしておくとよいでしょう。

体質的な違いもある!ヒゲ脱毛でとくに痛くなる人って?

ヒゲ脱毛の痛みには、体質的なものも関わっていると言われています。今回は特に初めての方におすすめしている「医療レーザー脱毛」について、痛みが出やすい人の特徴をまとめてみました。(光脱毛に関しても、ほぼ同じことが言えます)

色黒で乾燥肌の方は、痛みが強い確率が高い

メラニン色素に反応するというレーザーの性質から、かつては色黒の方は施術自体受けられないこともありましたが、近ごろでは肌の色に関わらず施術が受けられる最新機器が出回っています。ただし、色黒の方は痛みの面では、やはり強く感じることが多いようです。また、乾燥肌だと外的な刺激に対する影響が強いため、痛くなりやすいと言われています。

ヒゲが著しく濃い人も、痛みが強い確率が高い

部位ごとの痛みについて前述した際に「ヒゲが濃い部分は痛みを感じやすい」と言いましたが、体質に関しても同じことが言えます。全体的に黒々としたヒゲで覆われている方、青ヒゲが目立つほど濃くて太いヒゲが生えている方などは、レーザー脱毛だとより痛い!と感じる確率が高いでしょう。

ヒゲ脱毛の痛みは、麻酔や冷却によって緩和される可能性も!

痛いと感じやすい体質らしいけど、どうにかしてヒゲ脱毛の痛みを緩和できないの?と気になる方もいるでしょう。ヒゲ脱毛の痛みが気になる方は「麻酔クリーム」や「麻酔ガス(笑気麻酔)」などを事前にお願いすることをおすすめします。

病院やクリニックなどでは「麻酔」が使える!

医療レーザー脱毛や絶縁針脱毛など、医療機関で行われるヒゲ脱毛に関しては、施術前に「麻酔クリーム」や「笑気麻酔」などが利用できます。
これはクリニックによっては有料になってしまう場合もありますが、料金がもったいないと思って使わずにいたら後悔した…という方も多いですから、初めての方は念のため相談した方がよいでしょう。

光脱毛の場合は、麻酔は使えない…。

脱毛サロンでのヒゲ脱毛(光脱毛や美容電気脱毛)の場合、医療機関ではありませんから麻酔が使えません。そのかわりクリニックでの施術に比べて痛みが少ないとされていますし、事前に冷却したりジェルを塗ったりなどのケアはして貰えます。

事前対策が重要!出来る限り少ない痛みでヒゲ脱毛を叶えよう

いかがでしょうか?ヒゲ脱毛は施術方法によって痛いかどうかは変わってきますが、効果の高さと痛みのレベルを総合すると「医療レーザー脱毛」が一番おすすめできる方法だと思います。

クリニックでのヒゲ脱毛なら、何かあった場合もすぐに対処して貰えるので、初めてのヒゲ脱毛で不安な方でも安心です。事前に麻酔クリームなどの対策を忘れずに、出来る限り少ない痛みでヒゲ脱毛を実現してくださいね。

ヒゲ脱毛に関する悩みをすべて解決!
ヒゲ脱毛Q&A

質問一覧

カテゴリー